ピュアヘルス代表挨拶

代表取締役社長 今里 浄子(イマサト セイコ)

ピュアヘルス社長 今里浄子ものづくりへの想い

いよいよ人生100歳の時代が到来してまいりました。

我社の原点は、終戦間もないころです。

先代が少年兵の時経験した、瀕死の中での誓が、健康食品、自然派化粧品の販売へと導かれて創業いたしました。

特に健康食品は体の中に入るものなので、品質・安全という一番気になる点にこだわり、配合するレシピも相性やバランスを考慮し丁寧に心を込めて作っております。

また、化粧品も信頼できるエビデンスに基づき試行錯誤を繰りかえしながら、製品化しており自信を持ってお勧めできる商品を目指しています。

1985年会社設立以来、ご愛用者様からの喜びの声や、貴重なご意見等に耳を傾けさせて頂き、おかげさまで現在に至っております。

常にお客様に喜んで頂ける商品をご提供できますよう心がけてまいりました。

今、私が先代のあとを継承させて頂いておりますが、これからも「真の健康」を実感して頂ける、確かな商品を提供させて頂きます。

生涯現役で元気に明るく過ごしていただけるお手伝いをさせて頂きます。

感謝と報恩の念を忘れず精進して参ります。

 

日ごろから美容や健康に気をつけていること

30年ほど前に先輩から教わったことをいつも念頭に置き、美容と健康に気をつけています。

「お化粧でいくら顔を奇麗にしていても、心が汚れていたら決してきれいではありません。また、心の健康も大切です」

 

座右の銘

感謝の心で今日1日を生きる。

1日1日の積み重ねで今日があります。

もちろん目標や夢は持っていますが、一瞬一瞬を大切に笑顔で今日1日を生きること。

 

お客様へ

「当社の理念はエイジングケアへの奉仕」

現代は生活の豊かさや多様化に伴い、その反動が食品・環境などのいろいろな生活の不安材料の増加へとつながっています。

すなわち、今日における日本人の平均寿命の延びが、必ずしも健康的安心へつながるとはいえない、矛盾したストレス状態にあります。

当社は、この環境や健康問題など、生活の安全に対する関心の高まりやニーズにこたえて、健康食品・自然派化粧品などの卸販売を生業としてまいりました。

その健康というものに対して当社は抗老化。いわゆるエイジングケアという概念を根幹にすえて行動しております。

当社は、いつまでも若々しくありたいという願いに対し「年齢を重ねても老けない習慣」を提案する企業であり続けます。

そのための健康食品・強化食品・化粧品などの商品やツールを、徹底的にこだわって販売いたします。

社会の発展に伴い、現在各分野における技術の進歩はめざましいものがあります。

当社はこうした各分野の情報を的確に活かしながら、理念にそった商品を迅速に開発してまいります。